輸入食品は調味料で食材の良さを活かそう!

日本でも外国でも、料理を作るのに欠かせないのが調味料です。塩や砂糖や醤油など「さしすせそ」と呼ばれる調味料を組み合わせて味付けするのが一般的ですが、輸入食品を料理するのであれば調味料も外国のものを使うことをおすすめします。
外国料理は一過性のブームなどではなく、今や国内でもアジアン料理やエスニックフードなどさまざまな飲食店が立ち並び、日常生活の一部となっています。輸入食品を扱う店舗や通販サイトも増えて、家庭でも気軽に食材を購入できる時代でもあります。せっかく世界各国の輸入食品を食材として調理するのであれば、本場でお馴染みの調味料を使って、現地さながらの味を再現してみてはいかがでしょうか。

エスニックなインドネシア料理で食欲増進

東南アジア料理のうち日本でも特に人気なのがインドネシア料理です。インドネシア料理の特徴として、香辛料を効かせた料理が多いことがあげられます。赤道に近い国とあり、気温が高い日でも食欲が落ちないようにピリッとした辛さを前面に出す味付けがなされています。
なかでも欠かせない調味料がサンバルです。サンバルとは、唐辛子やエビのペーストなどで作られた調味料で、炒め物から煮込みまで幅広く使えます。日本の食材で料理する場合でも、たとえばチャーハンに入れるとナシゴレン風に、焼きそばに入れるとミーゴレン風の味わいとなります。調味料ひとつでインドネシア料理風に味付けできるため重宝するはずです。食欲がなくなりがちな夏場は、インドネシア料理風の味付けで食欲をアップさせれば夏バテ対策にも効果が期待できます。

ラー油漬けがあれば中華風の味付けに

ギョウザのお供として日本でもお馴染みのラー油ですが、本場の中国ではラー油漬けが現在のトレンドです。辛味成分を含んだオイルに揚げた唐辛子などの食材をたっぷりと漬け込み、ざくざくとした食感としっかりした辛さが魅力の調味料です。辛いだけではなく、コクのある旨味とスパイスの香ばしい風味も人気のポイントです。野菜炒めやチャーハンの味付けに使うほか、日本のお漬物のようにご飯のお供としてそのまま食べることもできます。
ラー油漬けは、鍋料理に風味を加えたいときやスープにコクと辛味をプラスしたいとき、もう一品追加したいときなどさまざまなシーンで使える調味料と言えます。家庭のキッチンにひとつ備えておけば重宝するのではないでしょうか。

ピックアップ記事

輸入食品で人気のフォーは米を食材としたベトナム料理

ベトナム料理のフォーをご存じでしょうか。日本だと寿司や天ぷら、イタリアだとパスタ、アメリカならハンバーガーなど、国を代表する料理は国民食と呼ばれます。フォーはベトナムを代表する料理であり、一日の三食を...

スーパーフードの宝庫!輸入食品はミラクルな食材

ハリウッド女優や歌手が食事に取り入れており、アンチエイジングや美白効果が期待されると話題なのがスーパーフードです。少量の摂取で大きな健康と美容効果が期待できるとあり人気が高まってきていますが、試すなら...

輸入食品は調味料で食材の良さを活かそう!

日本でも外国でも、料理を作るのに欠かせないのが調味料です。塩や砂糖や醤油など「さしすせそ」と呼ばれる調味料を組み合わせて味付けするのが一般的ですが、輸入食品を料理するのであれば調味料も外国のものを使う...

通販サイトで輸入食品を食材として買うなら

近年は国内にも取り扱う店舗が増え、消費者の人気が高まっているのが輸入食品です。輸入食品を食材として購入するなら、店舗でも良いですが、可能であればインターネットの通販サイトを利用することをおすすめします...


コンテンツ

カテゴリー